2015年08月08日

mysqldump unknown option "--no-beep"

 mysqldumpを使おうとして、

mysqldump unknown option "--no-beep"

 というエラーが出ました。
 軽くググってみると、解決法はこちら。

mysql - mysqldump unknown option no beep - Stack Overflow

 my.iniの中に

[client]
no-beep

 という箇所があるので、

#no-beep

 とコメントアウト。これでうまく行きました。

 わたしの環境(Windows)では、my.iniはmysql\MySQL Server 5.6に、mysqldumpはmysql\MySQL Server 5.6\binにありました。
 特定テーブルのみをダンプする場合は、

mysqldump --default-character-set=utf8 -u root -p db_name table_name1 table_name2 > dump.sql

 でOK。
タグ:MySQL
posted by ふみこ at 18:44| DB

2015年07月27日

電源が入らないNexus7(2012)の修理・分解法、内部コネクタの抜き差し 2015年版

 Nexus7(2012)がまた起動しなくなりました。
 Nexus7が起動しなくなるケースには、いくつか種類があるようです。
 よく言われているのは完全放電した後に電源が入らなくなる、というケースです。また、これとは別に、バージョンアップしてから起動時にGoogleロゴのところで止まってそこから進まなくなる、というのもあるようです。いわゆる「文鎮化」です。
 わたしの場合、放電で起動しなくなったのは一回だけで、後は単に電源を落とした後、再度電源が入れられなくなった、というパターンです。バッテリが空になった訳でもなく、ただ単に電源が入りません。
 今までもNexus7トラブルについては色々書いていますが、起動しない時の対処法としてよくあがるのが、

@充電しながら電源ボタンを15秒以上長押し
A充電しながら電源ボタン+音量下ボタンを30秒以上長押し
B充電しながら電源ボタン+音量下+音量上ボタンを30秒以上長押し(リカバリモードで起動)
C充電器で1時間充電、ケーブルを抜いて10秒以内にすぐ差し、電源ボタン15秒以上長押し(Deep sleepモードからの急速充電)
D充電器で8時間充電、ケーブルを抜いて10秒以内にすぐ差し、電源ボタン15秒以上長押し

 というものです。
 で、更に最近、ASUSの公式で、

手順 その1

1.付属のUSB ACアダプターセットを使用して、最低30分以上充電してください。
⇒充電後、USB ACアダプターを抜かずに、電源ボタンを5秒ほど押し続けて動作チェックを 行ってください。起動しない場合、Aを実践してください。
2.USB ACアダプターを抜き、約5秒後に電源ボタンを押し続けてください。
⇒もし起動しない場合、Bを実践してください。
3.USB ACアダプターを抜き、約5秒後に電源ボタンを押しながら、USB ACアダプターを 挿し直してください。
⇒もし起動しない場合、「手順 その2」を実践してください。

手順 その2

1.付属のUSB ACアダプターセットを使用して、最低30分以上充電してください。
⇒充電後、USB ACアダプターを抜いて約1時間放置します。その後、電源ボタンを押して 動作チェックを行ってください。もし起動しない場合、Aを実践してください。
2.音量アップボタンを押しながら、USB ACアダプターを挿してください。
⇒その後音量アップボタンを離して、約5秒後に電源ボタンを押して動作チェックを行って ください。もし起動しない場合、Bを実践してください。
3.音量アップボタンを押しながら、USB ACアダプターを挿してください。電源ボタン を押す前に約1時間放置してください。
⇒その後、電源ボタンを15秒以上押し続けて、動作をチェック行ってください。

 というのが出ています。後者の二つの手順は、「過放電」対応のようです。

 しかしわたし自身の経験では、この手の長押し系の対処で直ったことはほとんどありません。
 純粋に「電源が入らない」タイプの不具合は、長押し系ではあまり直りません。
 今までに「効いた」対処法は二つ。
 一つは「充電状態のまま放置する」です。一日以上放置します。経験的には、36時間くらい放置した後に電源ボタンを長押しすると復活することがよくあります。
 電源切る度に丸一日以上寝ている時点で欠陥製品ではないかという気もしますが、これが一番うまくいきました。
 もう一つは、「分解」です。
 一般には分解して内部コネクタを抜き差しする、という手順なのですが、ただ分解して電源長押ししただけで復活したことがあります(Nexus7が起動しない、分解、開け方 )。なぜこれが機能するのかはよく分かりません。

 分解の時のコツは、側面の方の隙間に薄いカードなどを入れてグニグニすることです。一度隙間が出来ると、後はパカッと割と簡単に開きます。
 ただ、今回は分解するだけでは復活しなかったので、いよいよ内部コネクタの抜き差しをやってみました。
 手順的に一番分かりやすかったのはこの記事。

電源が入らない文鎮化した「Nexus7(2012)」ありませんか?この方法で直せるかも!? | 買取王子 公式ブログ

 コネクタは上方向ではなく、横方向に引っ張ります。
 ケーブルを優しく持って、ちょっと左右に揺するように引っ張ると抜けます。

Nexus7(2012)分解・内部コネクタ抜き差し

 抜いた後しばらく放置してから再接続、そのまましばらく充電してから電源長押しです。
 わたしの場合、少しの放置では復活せず、更にもう一度コネクタを抜き差ししてから一晩充電状態で寝かせておいたところ、復活しました。

 うんともすんとも言わない状況で「まだ完全には死んでない」感を確認する方法として、Nexus7をPCにUSBで接続した状態で電源を長押しし続ける、というのがあります。こうすると、PCの方からWindowsでUSBにデバイスを認識したときにする「ピンポロポン」という音が鳴り、しばらくしてUSBデバイスを外した時の「ピロポン」という音が鳴ります。関係あるのか自信はないのですが、なんとなく生きてる感はあります。ただ、この時もNexus7自体の画面は真っ暗なままで、何も反応はありません。
 ただ、少し気になるのは、我が家のNexus7は起動しない状態ではない時、つまり正常動作している時でも、PCにUSBでつなぎっぱなしにしていると、脈絡もなく突然「ピンポロポン」「ピロポン」と、USBを抜き差ししたかのような音がなることがよくありました。この時点で、何か電源回りの不具合に関係がある感じがします。

 とりあえず、Nexus7は一度電源を入れたら、スリープのみで、電源を落とさないのが一番です!
 こんな運用を迫られる時点で何かおかしい気もしますが、電源回り以外はコスパ優秀なタブレットなので、なんとも言えないです。
タグ:nexus7
posted by ふみこ at 08:02| ハード・ガジェット・家電

2015年07月24日

PHS(Honney Bee)からY!mobileのNexus5に乗り換え、pdx.ne.jpメールアドレスやアドレス帳の移行

 実に長い間旧ウィルコムのPHSを利用していて、Honney Beeを使っていたのですが、いよいよスマホに移行しました。
 というか、今までも仕事用にスマホ端末やタブレットは使っていたのですが、個人携帯もやっとでスマホということになりました。
 お金をかけたくないので、旧ウィルコムのY!mobileのままです。
 Y!mobileは通信費などが大手キャリアなどに比べて明らかに安いのですが、MNPではない「機種変更」組にとっては本体価格に旨味はありません。長年のお得意さんなのに、あんまりな扱いです。
 MNPではNexus5で一括0円?だか大幅割引だかがあったらしいですが、関係ないので知りません。
 わたしは一括通常価格で購入しました。
 それだけ払っても、Nexus5でY!mobileが良かったです。

 さて、PHSからの移行ということで、ウィルコム以来のpdx.ne.jpメールはどうなるのでしょう。
 一部機種では出来ないようですが(アドレスの引き継ぎ・転送対応表)、Y!mobileでの機種変更であれば基本的に持っていけます。
 設定方法は、

@Nexus5(などのスマホ)からMy Y!mobileアプリを起動
Aトップページの「メール設定/迷惑メール対策」
BMySoftBankに転送されるので、トップのメニューバーにある「メール設定」を選択
C「メールを設定する」の「メール設定(SMS/MMS)」の右にある「設定する」ボタン
D初期状態だと自動設定されたアドレスになっているので、「前の設定に戻す」のようなボタンをクリック

 これでpdx.ne.jpメールアドレスが使えます。

 問題は何で送受信するかで、Nexus5だとGoogleのハングアウトが標準で入っているのですが、従来のキャリアメール的使い方をしようとすると非常に使いにくいので有名です。

Y!mobileでNexus 6に機種変更した結果、キャリアメールが瀕死 | おひとりちゃんの偏食旅日記
Y!mobileの非常にわかりづらいメール設定をまとめてみた - せでぃのブログ

 ハングアウトが使い物にならないので、WillcomメールやSoftbankメールといったアプリを入れて使っている、という記述があちこちに見つかりますが、2015年7月現在、Nexus5には両方ともオフィシャルな方法ではインストールできません。apkを拾ってきて直接入れるしかないようです。
 そこまでして使いたくもないし、元々キャリアメールは特定の相手と決まったやりとりをするのにしか使っていなかったので、わたしはハングアウトで行くことにしました。
 MMSに使うには正直使いにくいのですが、Gmailのアカウント(google+のアカウント)で使う本来のやり方をすると、これは結構便利です。LINEより余程良いんじゃないでしょうか。

 さて、もう一つ、電話帳の移行という問題があります。
 これも検索すると色々な方法があるようですが、基本的にはアドレス帳のバックアップを取って、それをGmailの連絡先にインポートする形のようです。
 問題はアドレス帳のバックアップ。
 機種によってはvcfが出力できるようですが、わたしが使っていたHonney Beeは「京セラPHSユーティリティソフトウェア」を使ってもkccというバイナリしか出力できません。PHS本体の「バックアップ」機能を使うと、KBFなるバイナリが出てきます。これはPHS同士の移行やバックアップには使えますが、他のツールなどにインポートできません。

kkc→csv,vcard(vcf)変換 kkc converter

 このツールを使うと、kccファイルをテクスト形式に変換してくれます。vcardやcsvに出力できるので、Gmailの他、色々なメーラーに直接インポートできます。
タグ:PHS nexus5
posted by ふみこ at 18:51| ハード・ガジェット・家電
↓応援クリックお願いします☆
ブログランキング・にほんブログ村へ