2013年10月20日

AvastでExifEraserがWin32:Evo-gen [Susp]と判定

 ExifEraserという写真のExif情報を削除するフリーウェアを使っているのですが、これがAvastによってウィルス判定されてしまいました。
 「危険度:中」「脅威:Win32:Evo-gen [Susp]」とあり、「チェストに移動」と表示されます。
 Avastの管理画面を開き、

セキュリティ>アンチウィルス>ファイスシステムシールド>シールドの記録

 と辿ると、こう表示されています。

Avast ExifEraser

 チェストの内容は、

メンテナンス>ウィルスチェスト

 で以下のように表示されます。

Avast ExifEraser

 ここでチェストに移動されたファイルの列を右クリックして「復元」すると、元に戻せます。
 しかしこのままではまたウィルス判定されてチェストに移動されてしまうので、

セキュリティ>アンチウィルス>ファイスシステムシールド>設定>スキャンからの除外

 を開き、「追加」でExifEraser.exeのパスを入力します。
 と、これで大丈夫になる筈なのですが、なぜかまたウィルス判定されて移動させられてしまいます。
 理由はよく分かりませんが、誤判定の報告を送っておくと、後の更新で改善されるようです。よくわからないままですいません。

追記:
 結局上の方法で使えるようになりました。
posted by ふみこ at 16:39| セキュリティ

2010年06月12日

avastがバージョンアップ

 ウィルス対策は無料のavastでお茶を濁しているのですが、これがバージョンアップしてエライオシャレになりました。現在のバージョンは5.0.545。
avastがバージョンアップ
 今まで「さすが無料」という可哀想な感じの見た目だったのですが、俄然マトモそうになりましたね。別に見た目と機能は関係ないのですが・・。
 有料の機能強化版もあるのですが、わたしは無料のものしかつかっていません。
 以前は普通にNortonを入れたりしていたのですが、重いし金払えってうるさいし、それだけの値打ちがあるのやら疑問だったので、avastに乗り換えました。もう二年くらい使っていますが、avastにして困ったということもありません。まぁ、あんまり神経質になっていないので、わたしが気付いていないだけ、という可能性もありますが・・。

476313048Xメールの超プロが教えるGmail仕事術
サンマーク出版 2010-04-05


posted by ふみこ at 13:20 | TrackBack(0) | セキュリティ
↓応援クリックお願いします☆
ブログランキング・にほんブログ村へ