2014年05月13日

野鳥撮影用のSX50HSとOM-D E-M10比較

 野鳥撮影用に高倍率デジカメとしてパワーショットSX50HSを使っていたのですが、最近になってマイクロフォーサーズのオリンパスOM-D E-M10を導入しました。レンズはオリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIを使っています。
 SX50HSは初心者が気軽に野鳥を撮影するにはぴったりのカメラです。ズーム倍率は申し分ないし、軽くて低価格。画質もデジタルズームを控えめにすればそれなりに見られます。
 当然ながら、一眼レフ・デジスコには遠く及びませんが、ユーザー層も値段も全然違いますから、比較対象にならないでしょう。
 その上でSX50HSに対する不満点を上げると、
@ファインダーが非常に見にくい
A操作性が悪い(露出補正に専用ダイヤルがない、ズームが電動しかない、MFがほぼ使えない)
 といったところが大きいです。

 これと比べると、OM-D E-M10は、ファインダー品質、操作性、どちらも申し分ないです。
 ズームはもちろん手動でできますし、露出補正も楽、MFも便利、またシャッター横についているデジタルズームボタンも野鳥撮影用には便利です(ただ画質は極端に劣化するので、視認用にしか使えない)。
 問題はズーム倍率。
 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIを積んでも、野鳥撮影用には倍率が低すぎます。
 もう少し長い専用レンズか、テレコンが出てくれれば良いのですが・・。
 マウントアダプタを使って、フォーサーズ用のテレコンなどを使う方法もありますが、無駄にコストばかりかかるので今ひとつです。
 早いところ使えるテレコン、長いレンズを出して貰いたいものです。
 まぁ、手軽な撮影用と割りきって、後でトリミングするのも一つですが・・。

B009D8DHOGCanon デジタルカメラ PowerShot SX50HS 約1210万画素 光学50倍ズーム ブラック PSSX50HS
キヤノン 2012-09-27



B00HWRHBV0OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 ED 14-42mm F3.5-5.6 EZレンズキット シルバー OM-D E-M10 LKIT SLV
オリンパス 2014-02-28



B00B7WMVSOOLYMPUS 超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
オリンパス 2013-03-01

posted by ふみこ at 10:54| カメラ

2013年11月20日

Canon PowerShot SX50HSの問題点・不満

 野鳥撮影用にCanon PowerShot SX50HSを使っています。

CANON PowerShot SX50 HSを買った 使用感と感想
CANON PowerShot SX50 HSレビュー(野鳥撮影用)

 他に一眼レフなどもあるのですが、野鳥用に一眼レフで装備を揃えると非常にコストがかかる上、重すぎて機動力がありません。本格バーダーであれば大砲レンズに三脚でどっしり構えて狙うのでしょうが、こちらは初心者で、散歩ついでに鳥も見たい、くらいなので、ちょっと重すぎます。
 というわけで、Canon PowerShot SX50HSはカジュアルな鳥撮影には非常に有用なのですが、所詮はコンデジのズームがすごいヤツ。色々不満はあります。
 使いはじめの頃に書いたこととかなりかぶりますが、半年使用して感じるCanon PowerShot SX50HSの問題点・不満はこんなところです。

@ファインダー画質が悪すぎる
A操作性、特に露出補正がやりにくい
Bズームが電動ズームしかない
C画像保存・ブラックアウトの時間が長い、遅い
D画質
EAF精度

 Dの画質はまぁ仕方ないでしょう。これでもこの手の高倍率デジカメとしてはかなり画質向上していると思います。光学ズーム領域だけなら普通に使う分には問題ないです。
 Cの電動ズームしかない、というのも、仕方ないかもしれません。

 一番イライラするのは@のファインダー性能です。
 もう、ファインダーが全然見えない。目視して位置関係などを覚えておかないと、小鳥などは見つけるのが困難です。
 EのAF精度も微妙で、これでも頑張って合わせてくれているのでしょうが、難条件だとピンボケ連発です。また、ファインダー画質が悪いせいで、MFは事実上使えません。
 Aの操作性は、せめて露出補正はシャッター脇あたりにボタンとダイヤルをつけて操作しやすくしてもらいたいです。
 Cの保存時間の長さも微妙です。許容範囲内かもしれませんが、野鳥の場合、一瞬を争うので、これが命取りになることもあります。普通に使う分には問題ありません。

 というわけで、頑張っている高倍率デジカメにもう一つ注文をつけるとすると、
@ファインダーの画質を良くして欲しい
A操作性をもうちょっとだけ良くして欲しい、機械ボタンを増やして欲しい
BAF精度をもうちょっとだけ良くして欲しい
 といったところでしょうか。ズーム倍率については現状で十分だと思います。

 「それなら一眼レフで撮れよ!」という話ですが、上述の通り、一眼レフだと装備が大掛かりになりすぎます。
 マイクロフォーサーズでも鳥用だと十分ゴツいです。
 Nikon 1などにマウントアダプタを使って300mmくらいのレンズを乗せる方法もありますが・・。
 もう少し待つと高倍率デジカメの性能が更に上がりそうなので、カジュアル鳥撮りとしてはこちらに期待したいように思います。

B009D8DHOGCanon デジタルカメラ PowerShot SX50HS 約1210万画素 光学50倍ズーム ブラック PSSX50HS
キヤノン 2012-09-27

posted by ふみこ at 13:12| カメラ

2013年04月16日

CANON PowerShot SX50 HSを買った 使用感と感想

 CANON PowerShot SX50 HSを買いました。

CANON PowerShot SX50 HS箱

 最近増えてきた高倍率デジカメ(コンデジ)の中でも、良く評判を聞くCANON PowerShot SX50 HS。価格.comなどでも高評価です。
 わたしがCANON PowerShot SX50 HSを買った目的は、野鳥撮影。
 デジタル一眼レフで野鳥を撮ろうとすると、装備がなかなか大掛かりになります。35mm換算で450mm以上のレンズは欲しいですし、小鳥を狙うなら600mmくらい欲しいです。そうなると三脚も装備したく、予算的にも装備の重さ的にも覚悟が必要になります。
 わたしはNikon D3000にNikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRで撮っていたのですが、望遠的にやはり物足りず、水鳥などはともかく小さな小鳥は苦しいです。
 かといって高倍率コンデジでは・・と思っていたら、ネット上で見かけたCANON PowerShot SX50 HS撮影の画像がびっくりするくらい画質が良く、購入してしまいました。
 光学ズームで1200mmまで、プログレッシブファインズーム(デジタルズーム機能)を使うと実に2400mmという超望遠まで高解像度で撮影できます(画質劣化可なら更に望遠も)。しかも三脚なしで手持ちで撮影できるというのです。

 本体の感じはこの通り。

CANON PowerShot SX50 HS

 当たり前ですが、小さいです。通常のコンデジを基準にすれば大きいですが、デジタル一眼レフと比べたら二回りは小さいです。
 Nikon D90と比較するとこんな感じです。

CANON PowerShot SX50 HSとNikon D90比較

 装備としてはグッと軽量になります。しかもこの他に望遠レンズも三脚も持たないで良いのです。しかもお値段4万以下。激安です。

 本体を手にとった感触としては、正直、オモチャっぽいです。デジタル一眼レフに比べると、どうしても安っぽい感じは否めません。
 ズームも電動ですし、当然ミラーレスですからシャッターもカチッという音しかしないし、手応えがありません。
 カメラそのものの楽しさという点では、一眼レフには到底かないません。
 また、ファインダーも光学ではありませんから、野鳥を見つけてパッと構えた時に、画面のどこにいるのかやや分かりにくいです。一眼レフに比べると、感覚でレンズを向けるのが遅れます。この辺は慣れもあるのかもしれませんが・・。

 設定画面や操作系は一般のデジタル一眼レフと類似していて、直観的に操作できます。ISO自動設定の上限を設定できるのが嬉しいです。また測光方式の設定では、「中央部重点平均測光」が野鳥撮影には便利です。
 また、フレーミングアシストという機能がなかなか使えます。本体レンズ左脇に「探索」と「固定」というボタンが付いているのですが、「探索」を押すと高倍率ズーム状態からスッと一次的に広角側に引いてくれます。これは高倍率状態で野鳥を探していて、どこにいるのか分からなくなってしまった時に便利です。ズームの戻る度合いも設定できます。また「固定」は手ブレ補正で画面が表示され、この状態で構図を決めてからシャッター半押しでフォーカス、全押しで撮影となります。
 もう一つ便利だったのは、液晶画面です。
 液晶画面を見ながら撮影する、という発想がなかったのですが、野鳥がかなり高い位置にいる時など、角度的に見上げる形になり、ファインダーをずっと見ていると首が疲れます。液晶画面を適当な角度にしておくと、手元を見ながら楽に撮影することができます。

 実際に撮影してみた画像です(クリックで拡大します)。
 わたしの撮影なので、写真的には下手くそですがご容赦下さい。

CANON PowerShot SX50 HS作例

 スズメです。下はムクドリの群れ。

CANON PowerShot SX50 HS

 ファインダーや液晶画面の画質がそれほど良いわけではないので、撮っている時は今ひとつだと思っても、パソコンに転送して確認すると、想像以上に画質が良いです。
 総合的に見て、野鳥撮影が好きな方には絶対「買い」です。値段もバカ安です。
 特別なこだわりがあるなら、やはり一眼レフ+高倍率ズームレンズが一番ですが、そこまでのこだわりがなく、手軽に野鳥撮影を楽しみたいなら、これ以上のカメラはないようにすら思えます。特に写真的な技量が十分でない場合、下手に高価な装備を揃えても腕がついていきませんから、機械に任せてしまった方が余程良い写真が撮れます。

 なお、CANON PowerShot SX50 HSの設定については、このページがとても参考になりました。ありがとうございます。

B009D8DHOGCanon デジタルカメラ PowerShot SX50HS 約1210万画素 光学50倍ズーム PSSX50HS
キヤノン 2012-09-27

posted by ふみこ at 10:37| カメラ
↓応援クリックお願いします☆
ブログランキング・にほんブログ村へ