2010年01月30日

FFFTPに代わるFTPクライアントはどれが良いのか ALFTPとWinSCP

 フリーFTPソフト『FFFTP』に、8080系のマルウェア感染と同時にID・パスワードを取得される危険性があるそうです : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディアで、恥ずかしながら、FFFTPの危険性を初めて知りました。
 もう長いこと愛用しています。
 確かに、今時SFTPじゃないだけでもアレですし、早速アンインストールしました。
 「レジストリの値を削除するように」とのことで、元記事のUnderForge of Lack » Blog Archive » [Hammmer and Anvil] 夜間便に削除すべきレジストリの値が挙げられていますが、アンインストール時に「レジストリの値も削除」という表示があり、実際regeditで確認したところ、削除されていました。

 FFFTPに代わるFTPクライアントとして、ALFTPWinSCPNext FTP 4が挙げられています。
 Next FTPは以前に使っていたことがあるのですが、高機能すぎてゴテゴテした印象があり、個人的には好きになれませんでした。有料ですが、三ヶ月間無料試用できます。
 残るALFTPとWinSCPを両方試してみました。

 ALFTPのスクリーンショットはこんな感じ。

ALFTP

 右上部分が広告バナーになっているし、アイコンも正直鬱陶しいです。

 WinSCPのスクリーンショット。

WinSCP

 FFFTPにとても似ています。長年FFFTPに馴染んできたユーザーには、移行しやすいアプリケーションだと思います。もちろんSFTPも使えます。
 というわけでFFFTP代替機はWinSCPに決定。

WinSCPインストール

 WinSCP :: DownloadのInstallation packageからダウンロードしてインストール。

4822229920ITアーキテクトのやってはいけない 設計、メソドロジ、実装・テスト、運用、セキュリティのアンチパターン (日経BPムック)
日経SYSTEMS
日経BP出版センター 2009-11-18

posted by ふみこ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2010年01月28日

VistaでTwitの入力欄を広げ複数行表示にする

 最近TwitterクライアントとしてTwitを愛用しているのですが、使い始めた時に不満だったのが、入力欄が狭いこと、タイムラインが一行ずつしか表示されない(折り返し表示されない)ので、そこにフォーカスをもっていかないと全文が読めない、ということでした。
 また、デザインもデフォルトのままだと、ちょっと貧相です(ごめんなさい)。
 でも、開発者のブログに、入力欄を広げる方法と複数行表示の方法が書かれていました。

ヒビノアワ: Twitマニアックス

 ここにある通り、入力欄を広げるのは簡単です。入力欄とタイムラインの間はスプリットになっていって、カーソルを上に持っていけば、自由に幅を変えられるのです。気付かないわたしがバカでした。
100128twit.jpg

 問題は複数行の折り返し表示。
設定の「表示」タブで「リストアイコンのサイズ」を大きくすると、リストのアイコン自体も大きくなり、表示される行数も増えます。例えば、最大の48にすると3行くらい表示できるようになります。

 とあるのですが、やってみると「タスクバーにアイコンを表示できません」といったアラートが出て、デフォルトの13pxより大きくできません(タスクバーのアイコンサイズと連動している?)。
 その時使っていたのはバージョン3.60だったので、試しに3.70にバージョンアップしたところ、見事成功しました。
 「設定 > 表示タブ > リストアイコンのサイズ」で、折り返し表示ができます。

100128twit_hyouji.jpg

 おそらく最初失敗した原因はVistaのせいで、TwitはVista対応が遅れていたようです。
 VistaでTwitを使われていて、複数行表示ができなくて困っている人はバージョンアップしてみて下さい。
 ついでにフォントもメイリオに変えて、大分オシャレな雰囲気になりました(フォントをメイリオにすると、ID欄の幅を広くしないとうまく表示されません。メイリオなら8ptくらいが良いと思います)。
 もっと色々カスタマイズできるのかもしれませんが、とりあえずこれくらい。

4862484824Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
洋泉社 2009-11-06

posted by ふみこ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter

ブックオフに宅配で本を売ったら、すごい買取価格が返ってきた

 引越しを考えているので物を減らそうと、ブックオフ(イーブックオフ)に本を売りました。
 イーブックオフは、送料無料で自宅まで買い取りに来てくれます。
 イーブックオフのサイトから住所や振込先の登録を済ませ、希望日時を指定するだけ。もちろん、引取りに来る前に売る本はダンボールに詰めておかなければなりません。買取専用ダンボールも送ってくれます。非常に簡単です。
 我が家は本が非常に多く、四つの本棚にギッシリ、しかも一つの本棚は奥が深く二重に本が入れられていて、さらに入りきらない分がベッドの下に収納されている、という、引越前としては泣きたい状況です。
 捨てるくらいならイーブックオフに売ろう、と申し込み、ちゃんと手順通り引取りに来てくれました。一二週間ほどで買取価格分が振込まれます。イーブックオフのサイトで明細も見られます。
 要らない本なので金額はどうでもいいや、と思っていたのですが、明細を見てちょっとびっくりしました。

100128bookoff.png

 ダンボール三箱、65点で、買取価格が2477円。
 まぁ買取価格自体は良しとしましょう。それより、65点のうち価格がついたのが10点しかなかった、というのが驚きです。
 ブックオフで売る本なら、コミックや売れ筋のCD、新書など、お手軽で回転の早い本の買取価格が高い、というのは分かります。でもコミック5点、CD13点が含まれていて10点しか買取価格が付かないということは、仮に本がすべて無価値だったとしても、これらの中で価格の付かなかったものがある、ということです。
 実際のところ、買取価格が一番高かったのは書籍です。ただ単にほとんどが本だったから、というだけですが。
 コミックとかCDって、ブックオフでも意外と買取価格が付かないんですね。
 どの本がいくらだったのか知りたいですが、そこまでは明細がありません。

 本の中には、コンピュータ・プログラミング関係の技術書籍も結構含まれていたのですが、技術書は高いくせに時期を過ぎると値打ちがなくなる、というのはよくわかります。ベンダー試験の対策本なども送ったのですが、果たして値段が付いたのでしょうか。
 確かなのは、高い技術系書籍を売るなら、なるべく早く売ってしまえ、ということです。
 プログラミング関係の本は相当持っていますが、本当に末永く手元に置いておきたい、という本は少ないです。欲しくもないのに「とりあえず必要で買っちゃった」本は、把握できたらさっさと処分してしまった方が賢いですよ。
 まぁ、逆に古い技術の本とか情報って探すのが大変だから、意外な時に役に立ったりするのですけれどね(笑)。VB6とOracleの連携の本とか、売らないで置いておきました。

ブックオフオンライン
posted by ふみこ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の日記
↓応援クリックお願いします☆
ブログランキング・にほんブログ村へ